小笠原ログ置き場

アクセスカウンタ

zoom RSS 小笠原ログ 挑戦の塔へ

<<   作成日時 : 2008/07/31 01:49   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

是空:お疲れ様です。

芝村:おつかれさまですー

是空:朝はおせわになりました。昼もおせわになります(笑)

芝村:はい。記事どうぞ

是空:その前に今独力くらいアルファ無理そうで困ってる人や場所はありますか?

是空:その前に今独力クリアが無理そうで困ってる人や場所はありますか?

是空:でした=失礼しました。

是空:大丈夫そうならもう一人呼んで家庭の危機を救おうかと(笑)

芝村:大丈夫だよ?

芝村:たけちゃんくらい?

是空:裏かー(笑)

是空:いざとなったらそれはコールしてもらうとして(笑)

是空:http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=2666&reno=2438&oya=2438&mode=msgview
記事です、あと、今日の相方呼びます。

高原鋼一郎 が会話に参加しました。

是空:高原です>相方

芝村:はい

高原鋼一郎:こんにちはー

芝村:イベントは?

是空:コゼットに会いに挑戦の塔へ
追加マイル10必須であれば俺と高原で5ずつ出します。

是空:高原はご一行様か(笑)

高原鋼一郎:あ、うちの息子の派生の挑戦の塔を使う予定です

芝村:イベントはとってるんだね。OK

是空:#なるほど

芝村:消費追加マイルはいらない。

芝村:では2分まってね

是空:はい

高原鋼一郎:よろしくお願いします

/*/

芝村:いい、青空だ。

是空:#もう塔ですか?

高原鋼一郎:「…最近空を眺める余裕もなかった気がする…」

芝村:雷鋼は一言も言わず、岩道を歩きぬいてここまできた。

芝村:遠く、塔が見える

是空:「なんかお宅の息子、気合い入ってるな」

高原鋼一郎:「いろいろ、気負ってるんだと思います。あいつなりに」

是空:「おっとこのこー」w

雷鋼:「きこえているよ」

高原鋼一郎:「そうか、悪い」

是空:モノローグ『ふーん、最近はこんな感じか』

是空:「さて、塔が見えてきた。行こうか」

芝村:天には何匹かの竜が舞っている

高原鋼一郎:Q:アララと翠蓮はどんな感じでしょう?

是空:Q:見たこと無いですよね?>竜が舞うなんて

高原鋼一郎:#いや、でも大和丘ならドラゴンが居ても確かにおかしくは…

是空:モノローグ『ふーん、最近はこんな感じか……やべえかな?』>塔を見て

Q:状況を確認させてください

芝村:A:アララ、翠蓮はついてきてないよ

高原鋼一郎:おおう

芝村:A:塔は普通だね。ここは草原だ。

是空:おおっと俺が相手しておこうと思ったのに(笑)

高原鋼一郎:よし、気持ちを切り替えて男道中で!

是空:コゼットがいるかを確認します

雷鋼:「ドラゴン……サンダードラゴン」

芝村:コゼットは相変わらず掃き清めているね

是空:「さすがだな、種別がわかるのか」

是空:「こぜっと〜〜〜」

高原鋼一郎:「どーも、ご無沙汰してます」>コゼット

是空:#崩れた笑顔

高原鋼一郎:f:高原は焼き鳥屋のオーナーである=店で土産として焼き鳥を買ってくることは可能である

芝村:通った。>高原

芝村:コゼットはすこし笑った。

コゼット:「どうしたんですか?」

高原鋼一郎:「これ、つまらんものですが後で暖めて食べてください」

焼き鳥の入った包みを出します

是空:「いつも通り会いに来ただけ」
「あと、ちょっとした介添人業務」>コゼット

高原鋼一郎:「ほれ、挨拶しな」>雷鋼

コゼット:「ええと、この人は」

雷鋼:「高原……雷鋼です」

芝村:コゼットは雷鋼を見た。

高原鋼一郎:「不肖の息子でして」

コゼット:「この子は生まれつきの魔力消失者ですね」

是空:「特殊例なの?」

高原鋼一郎:「魔力消失者、ですか」

是空:「まぁとりあえず伝言と俺の用事を」

コゼット:「生まれつき、魔法対魔法で打ち消すんです」

是空:「そっちの意味か。アンチ魔法使いって感じか」

高原鋼一郎:#なるほど、それなら召喚キャンセルとかありうるわけか…

高原鋼一郎:「まあこいつ、一応剣が使えるんですけど何分我流なので。コゼットさんに修行をお願いしようと思いまして」

是空:「あ、で、今回の旅の俺マイルは海法が出してくれたんだ」
#是空におごれると大喜び
「ゆかりとは仲良くやってると伝えて欲しいと」
「あとおみやげにデートチケットあげる」
=俺の用件その2(その1は会いに来た)

コゼット:「魔力の濃度が極高い世界の辺境では、こういう子が生まれて魔力を喰らい尽くして世界を平常にもどしていきます」

高原鋼一郎:「はあ、なるほど」

是空:「シオネの円環みたいな存在だな……」

是空:「すごいね、お前さんの息子」

是空:「バランサーなんだな」

コゼット:「シオネの円環ですよ。お父さん」

是空:「そのまんまか!?」

高原鋼一郎:「はあ」

是空:#と、いいつつデトチケ渡して
「これでいつでも呼ぶんじゃよ……父として俺だとうれしいが……会いたい人を呼びなさい」

高原鋼一郎:「とはいえ、こいつ一人で何もかもできるわけじゃありませんから。最低限生き延びる術を教えてやれないものかと思いまして」

是空:「それに、力の使い方を学ばないと、逆説論本来食らってはいけない魔力すら食らうことになるかもしれないからな」

コゼット:「この子は一つの世界を終わらせるんですね」

芝村:コゼットは高原を見ている。

是空:「世界を終わらせる。それが必要かどうかは少年が決めればいい」
「俺ら大人はその決め方の示唆ができれば幸いだな」
「どの世界を終わらすのかは興味が尽きないがw」

高原鋼一郎:「それが、必要かどうかはわかりません。でも、俺は親ですからこいつの死ぬ様を見たくないだけの親ばかです」

是空:「ははは。親ばかー」

「なるほど。それもそうだw」

芝村:コゼットは手を上げて呪文の詠唱を始めた。

芝村:大規模破壊呪文だ。

是空:「ふむ」見てます

高原鋼一郎:右に同じく。拳を握ってます

芝村:即座に手の平の中に熱核反応が起こり始めた。

芝村:髪の毛が揺れている。

是空:「核爆……」

高原鋼一郎:「とりあえず、信じろ。この人厳しいけど間違ったことは教えない」>雷鋼

是空:#ティルトつかえるのか……すげぇな

コゼット:「完成せよ。惑星破壊呪文」

高原鋼一郎:わーい

是空:「うーん……父さん、それはどうかと思うぞ」(笑)

芝村:世界が白くなった。

芝村:元に戻った。

芝村:なにごともない

是空:#いちおうビビリつつ

高原鋼一郎:なるほど

是空:「雷鋼君の力……シャレにならん規模だな」

高原鋼一郎:「相当な熱量でしたが…」

芝村:コゼットは振り向き様に廻し蹴りした。

芝村:雷鋼は壁に打ち付けられた。

芝村:首の骨がへし折れた。

雷鋼:「……いてえ」

是空:「さて、おっさんは見てるか……」
「少し下がって煙草吸い始めます」
「あ。シンダ−w」

高原鋼一郎:*高原雷鋼は高原雷鋼を目標にした白兵攻撃を無効化する。
は発動…大丈夫みたいですね

是空:「なに? しらいしんトコみたくアンデットにでもしたの?」>高原

高原鋼一郎:「そんな趣味の悪いことはしません」

是空:「ケケケ。しらいしも大変よのぅ」

コゼット:「イグドラシルがこの子を守っているんです。この子は大丈夫。死ぬことはない」

高原鋼一郎:「蹴られなれてるお前が痛いのか…相当だなあ」

是空:「とかいえ、この子がその正義感から死地に飛び込むのも事実だ」

「鍛えてやってくれん?」

芝村:コゼットは雷鋼を見た。

雷鋼:「・・・・」

是空:「少年は死なないだけだ。それじゃ彼の望む護りたいものは護れない」

「どうするの? 少年」

雷鋼:「おねえさんは、そんなに強くない」

雷鋼:「俺はここでは強くなれないと思う」

是空:「そうか。ではどうしたい? 雷鋼」

#名前を呼んで目を見ます。

#この子はもう男なんですねぇw

是空:「なーんか、師匠につっかかってった俺にも似てるわw」

笑顔で高原に声かけ。

高原鋼一郎:「お前の言う強さって、何だい」>雷鋼

雷鋼:「この人は……人を殺せないと思う。だから無理だ」

是空:「人を殺すのが強さ」「そう考えてるのか?」

雷鋼:「おねえさんは強すぎていつも手加減ばかりしている。手加減以外、出来ないくらいに」

雷鋼:「人も殺せるのが強さだ」

是空:「……一理あるなw」

芝村:コゼットは微笑んだ。

コゼット:「何がキミを追い詰めてるんだろうね?」

高原鋼一郎:頭をかきます

是空:#これは俺らおっさんが頑張らないと(笑)

是空:#コゼットからの問いの反応を見ます。

雷鋼:「追い詰められてはいない。毎日起きて、毎日学校に行くことだって難しい。それが追い詰められているならそうかもしれない」

コゼット:「……好きな人がいるとか」

芝村:雷鋼は顔を赤くした。

是空:『青春だなぁ』

芝村:コゼットは微笑んだ。

是空:「雷鋼、俺はダガーマンだ」
「このダガーは人を殺すための武器だ」
「でも俺は、これで君のお母さんを救った」
「人を護れるのが強さの一環とだけでも片隅においてほしい」

是空:モノローグ『こいつ、ちゃんと育ててぇなw』

#ちと高原の気持ちが理解できてきた(笑)

コゼット:「おとうさん。この子、ふみこさんに預けていいですか?」

高原鋼一郎:「なあ息子よ。魔法がどうたらとか、イグドラシルがどうたらとかそんなことはどうでもいい。でもな、人を守りたい奴が自分を守れないんじゃそもそも意味がないんだぜ」

是空:「ふみ? だ、だいじょうぶか?」

高原鋼一郎:「うへ、ふみこ女史ですか…」

是空:#高原親子の会話の裏でコゼットに質疑!(笑)

是空:#まぁあの人はあの人で力の使い方をわかってる人だが

高原鋼一郎:#いや、ミュンヒさんとかと面識があるのです>息子

コゼット:「私より彼を鍛えるにはいいと思います」

是空:「ミュンヒさんもいるし……まぁコゼットが言うなら俺はお前を信用する」

雷鋼:「あの人は魔法使いだ。僕は魔法を使えない」

芝村:コゼットは微笑んだ。

是空:「ですって、親父さん」と、高原の方をポム。

コゼット:「あの人の強さは魔法じゃない。あの人の強さは犠牲を厭わない意思の強さよ」

高原鋼一郎:「俺が敵に回したくない女性の5人には上げる」

是空:「雷鋼」「お前さんなら必ず理解できる」
「俺らに騙されたと思って少しいってみちゃどうだ?」

是空:「それから家出してもおそくねぇだろ(笑)」

雷鋼:「……」

是空:『悩め悩め、少年よw』

芝村:雷鋼は歳相応に心細そうな表情を一瞬だけ浮かべたが、静かにうなずいた。

高原鋼一郎:「よし」
頭を撫でます

是空:「よーし、話しはついた」
f:FEGは環状線で駅弁をつくった=弁当を持ってこれる
「恒例のピクニックをだな」(笑)
……で、コゼットと10分だけ。素子の件を……orz

芝村:どうするの?

高原鋼一郎:じゃあ俺は息子と塔の影で何か語り合っていましょう

是空:では、それはそれとしてコゼットに2件だけ
「コゼット、素子が消えちゃったの?」
あと
「この辺りに前いたショーチュー・クーリンガンて魔術師が暴れてるが、攻略法ないか?」

是空:この会話をしたいです。

是空:じゃ、高原親子と是空親子の家族会議を(笑)

コゼット:「クーリンガンさんならうちに勤めてますけど・・・」

コゼット:「あと、もとこさんって・・・だれ?」

是空:「FVBってトコに攻め込んでるんだけど、違う人物?」

是空:「ああ。なるほど、素子の件はじゃあOK」

「時間犯罪を追ってるんで、情報知らないかと思ってね」

是空:orz

高原鋼一郎:#是空さんの心がまた折れる音が聞こえた

是空:orzあのシアワセの日々が……orz

是空:=□○_ バタリ

コゼット:「……分りました。私も心当たりを聞いてみます」

/*/

是空:「で。そのお努めのクーリンガン」
「緑のオーマを名乗って、ゾンビ大量生産してるんで困ってます」

芝村:はい。お疲れ様でした

高原鋼一郎:ありがとうございました

是空:あっと5分!

是空:ちえー(笑)

是空:ありがとうございました。

是空:あ。デトチケ。受け取ってもらえました?>要らないのかな??

高原鋼一郎:ポッケにねじこめば良かったのにw

是空:おいおい、娘とはいえ、レディだぞ(笑)

高原鋼一郎:とっておけよって言う方がアレだと思うんですがw

是空:俺だってセクハラ対象は選ぶって(笑)

是空:かっこつけすぎーw>とっておけよ(笑)

高原鋼一郎:うわーしかしふみこたんかあ

高原鋼一郎:八神少年と同門に…

是空:
1:デトチケ
2:数値変動の確認
3:方向性の確認
あとは一個消費報告ができれば。OKかな>俺の芝村さんへの用事は。

是空:高原は?

高原鋼一郎:あとたぶんアレが焦ってる理由がなんとなくエノラとかの気がしました!

是空:エノラたんかー(笑) 良い娘に惚れたね。

芝村:ははは

高原鋼一郎:いや俺の勘

高原鋼一郎:そして俺の勘は重要な時に外れる…!

高原鋼一郎:イベントは、成功かどうかくらいですね>確認

是空:
1:デトチケの確認(消費申請用)

2:数値変動の確認

3:イベントの確認

ですね。

芝村:デートチケットは10枚くらいもってるぜ

芝村:消費しないでいい

芝村:数値変動はない。

芝村:イベントは成功

是空:じゃあ渡す必要はないのか。了解です。会いに行ったのが重要ということで。

高原鋼一郎:皆が渡してるんですかな…>チケット

是空:かもな(笑) あいつ、かわいいからな(笑)

高原鋼一郎:きっとAI海法さんが借金とかして…

是空:金庫番の高原もいるので一緒に報告しますが
http://cwtg.jp/bbs2/wforum.cgi?no=20833&reno=20218&oya=20218&mode=msgview
国民の気持ちを汲んで。このマイル(すでに是空個人に入ってますが)の40を消費して
超人っぽい常人の取得開示をお願いいたします>芝村さん

高原鋼一郎:あ、開示は芝村さんがその日の担当に渡すんで別に俺いなくても問題ないです

是空:なるほど。開示の際にお支払いするのね。

是空:では、芝村さん。開示申請をお願いします。

芝村:OK.明日でもどうぞ

是空:はい。ではまた明日。

高原鋼一郎:しまった、コゼットに紹介状でも書いてもらうんだった…

高原鋼一郎:まあ何とかしよう

是空:仲介してくれてもう行ってるじゃない?

是空:コゼットならふみこに礼節わきまえてるでしょ。

高原鋼一郎:まあいきなりメッセージはないとは思いますが

芝村:はい。では解散しましょう。

芝村:お疲れ様でしたー

是空:はい。ありがとうございました

高原鋼一郎:ありがとうございましたー

是空:おつかれさまです

是空:ではー

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
小笠原ログ 挑戦の塔へ 小笠原ログ置き場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる