小笠原ログ置き場

アクセスカウンタ

zoom RSS 小笠原ログ クリスマスパーティー

<<   作成日時 : 2010/12/20 10:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(一部見やすいようにログを編集しております)

高原:おはようございます。11時からの生活ゲームで参りました
よろしくお願いします

芝村:記事どうぞ

高原:
http://cwtg.jp/ogasawara/nisetre.cgi?no=6107
こちらになりますが、双子の扱いは個人ACEでよかったでしょうか

芝村:個人ACEでいいよ

高原:はい、ではちょっと書き足します

芝村:イベントは?

高原:時期的にクリスマスパーティをやろうと思うんですが
もし可能ならふみこか青・舞辺りを招待したいと思ってまして
(マイルの都合上どちらかになりそうなんですが)
r:で招待状出したりすると危ないですかね?

芝村:まあ、家族だけでやるのをおすすめするよ。ふみこは来ないだろうし、青はこれまい

高原:じゃあ招待はまた今度にしておきます

芝村:1分待ってね

高原:はい、よろしくお願いします

/*/
芝村:ここは貴方の家だ。アップルとオレンジはおどおどしている

高原:PLACEを着用してます

芝村:翠蓮が優しく撫でているよ

高原:ふむー

高原:(そして赤ん坊じゃない予感。しまった)

芝村:次男よりは小さいよ。今2歳くらいだ

高原:いや、この間質疑で聞いたら0歳児って言われたのでベビー用靴下を用意してたんでw

芝村:ああ、それよりは大きくなってるね

高原:しかたない、サンタ用の靴下ということにします。とりあえずパーティ用の準備を進めます

高原:「二人はなかなか慣れてくれないなあ」
ちょっと寂しく思いつつ

芝村:びくっとしているぞ二人とも

芝村:翠蓮が非難がましくあなたを見ている

翠蓮:「パパ」

高原:「すみません」
とりあえず謝ります

芝村:翠蓮は頬を膨らませている。二人をなだめてるよ

芝村:アララが苦笑してる

高原:「あ、後何準備すればいい?」>アララ

アララ:「もう終わるわよ。すわってて」
はい。と鋼児をわたされた

高原:「了解」
受け取ります

高原:机に向かって座ります
芝村:長男が飾り付けしてるなあ

芝村:翠蓮も座った。二人抱いてる。親に似て、いい母親になりそうだ

高原:ほろり

芝村:アララはクリスマスというか、サンタなワンピースに着替えて出て来た

高原:わーい

高原:「よく似合ってるよ」

アララ:「よし、料理並んだ? グラスを注いでまわって」

芝村:アララは苦笑した。

アララ:「子供が喜ぶかなって」

高原:「なるほど」

高原:各自に飲み物を注ぎます

アララ:「乾杯」

高原:「かんぱーい」

芝村:アララはにこっと笑った。子供を預かったよ。

翠蓮:「パパ、アップルちゃん」

高原:「ほい」
預かります
で、いいですかね?>意図としては

芝村:ええ

芝村:ということで、一人づつ、抱いている。なんか間抜けな図だ

高原:はははw

雷鋼:「俺は?」

翠蓮:「はいこれ」

芝村:ぬいぐるみだ。ウサギ

高原:長男…

芝村:雷鋼はうさぎを抱いているが、微妙そうだ

高原:「まあ、練習しておけ。その内自分の子供を抱っこしたりする時に大変だぞ」
(経験則的に)

雷鋼:「…」

アララ:「相手からみつけないとね」

雷鋼:「俺だって!」

翠蓮:「え!」

雷鋼:「来年は頑張る」

芝村:爆笑の渦が

高原:うひゃひゃひゃ

翠蓮:「遠いと思うけどなあ」

雷鋼:「くーそー」

高原:「まあ好きな人がいるなら、ちゃんと告白しておけ。やれることをやらな
かったら心に残るぞ」

高原:じゃあ、食事とかが一段落したらプレゼント袋をごそごそと持ってきます

芝村:はい。出したよ

高原:「まあその気があったら見合いのツテくらいは探してきてやるよ」

高原:ごそごそ。「ではプレゼントー」

芝村:雷鋼はプレゼントどころではなく顔を赤くして緊張している

芝村:アララと翠蓮は喜んでる。鋼児も

高原:長男…w

高原:「まず誰からいこうか」と、見回します

芝村:翠蓮が目を輝かせている。背景を猫が歩いてる

高原:「じゃあ翠蓮とアントニオ、から」

翠蓮:「わーい。なになに?」

芝村:アントニオは捕まった。赤ちゃんと一緒に抱かれている

高原:「ほい、ナニワのお洒落洋服店の新商品」
と、紅梅の髪飾りをつけてあげます
http://cwtg.jp/syousyo/nisetre.cgi?no=3971(取得根拠記事)

高原:「アントニオにはこれ。減塩鳥ハムな」
画像


芝村:アントニオは頷いた。見事。らしい

高原:#試作を重ねた甲斐があったぜ…

芝村:翠蓮は受け取ろうとして両手が塞がってる。あなたに頭を向けた。

高原:微笑みながら髪飾りを着けてあげて、頭をなでます

芝村:うれしそうに笑ってる

アララ:「私はなにかしら」

高原:「うん、色々悩んだんだけどこれ」
と、歪月で買ったレースの日傘を差し出します

高原:「いつもありがとう」>アララ

芝村:アララはうれしそうに笑った。アララは子供を抱いている

アララ:「鋼児やアップルにはあるかなあ?」

高原:「もちろん」

高原:「アップルとオレンジには靴下。りんごが入ってるほうがアップルのでみ
かんが入ってるのがオレンジの。小さいけどサンタがプレゼント入れてくれる
よ」
と、手編みのベビー靴下を二人の目線までかがんで渡します

芝村:アララはよかったねとアップルとオレンジを抱きしめた。愛情深そうだ

高原:ですねえ

高原:「鋼児にはこれ。お兄ちゃんになったお祝いも兼ねて、色々入る鞄だ」
手製の子供用トートを渡します。

高原:「何か刺繍とか欲しかったらお母さんに後でお願いしなさい」

芝村:鋼児は喜んで肩にかけた。大興奮している

高原:「で、鋼児。お兄ちゃんの君に重大な仕事を一つ任せよう」

高原:「鞄の中を見てくれ、そこに入ってるものを雷鋼兄ちゃんにプレゼントして欲しい」
と言う訳で鞄の中に「いつもありがとう」と書かれた手作り勲章が入ってます。

芝村:鋼児は取り出して、雷鋼に んーちゃと渡した。にーちゃのつもりらしい

高原:おお、子供っぽい

芝村:雷鋼は苦笑してる。かわいいなあという顔だ

高原:「そうだ。笑顔を忘れるなよ。人間一番辛いときを支えるのは誰かの笑顔だ」>雷鋼に

翠蓮:「お兄ちゃんは、お見合いがきになってるんだって」

芝村:雷鋼がウサギを自らの椅子において立ち上がった

雷鋼:「翠蓮ぃぃ」

高原:「見合いはまあ何とかしよう。続報を待て」

/*/

芝村:はい。おつかれさまでした

高原:ありがとうございました

高原:いやあ大爆笑ですね>息子の反応
あおひとさんの事笑えねえw

芝村:まったくだ

高原:ほんまに不器用な奴よ…

高原:あ、アップルとオレンジなんですが
登録名としては苗字なしで「アップル」と「オレンジ」、でしょうか?
それぞれ高原の苗字をつけてもよいかどうかなんですが

芝村:評価は+1+1でした。苗字は好きでいいよ

高原:はい。じゃあまあ高原アップル、高原オレンジで>とりあえず

芝村:OK

芝村:秘宝には1、1で依頼できます。

芝村:では解散しましょう。お疲れ様でした

高原:はい、ありがとうございました。

月別リンク

小笠原ログ クリスマスパーティー 小笠原ログ置き場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる